Home > 定評ある分析技術 > 異物分析

定評ある分析技術

異物分析

概要

 製品や試料に含まれる目的物以外の成分=「異物」の分析を行います。
 まず、異物として何が存在しているのか?の分析=「定性分析」を行います。必要であれば、異物の含有量を調べる「定量分析」を行うことも可能です。

さまざまな分析手法

 製品や試料が無機物、有機物、高分子、あるいは、固体、液体、気体、それぞれの場合で分析手法を変える必要があります。
 固体試料の場合、異物が内部に含まれている場合もあります。この場合、断面を切断しての分析手法を行うことが出来ます。
 私たちは、長年にわたる化学製品の分析を通じて培った様々な手法と知識で、幅広い分野の異物分析のご要望に応えることができます。

<異物分析例>
断面作製 断面作製/異物取出し
異物取出し
技術資料・装置紹介