Home > NMR技術資料 > 【技術資料】微量分析 NMR‐µgオーダー成分の構造解析

【技術資料】微量分析 NMR ‐ µgオーダー成分の構造解析

技術レポート:No.T1405 / 2015.08.27

微量分析 NMR ‐ µgオーダー成分の構造解析の概要

核磁気共鳴法(NMR)は、分子構造の解析に必須な手法です。他の分析手法(質量分析や赤外分光法等)と比較して低感度の ため、通常、mg オーダー以上の試料量が必要でした。
 今回、微量測定用プローブを備えた NMR(以下、微量分析 NMR)を導入し、µg オーダーの微量成分の構造解析が 可能になりました。

微量測定NMRの仕様とプローブ

微量分析 NMR ‐ µgオーダー成分の構造解析事例の紹介

ナフタレンのモノ置換体である1-クロロナフタレンの微量分析 NMR 測定を行いました。
2µgの試料量で 1H NMR スペクトルが取得可能です。【図1】

【図1】 1-クロロナフタレンの1H NMRスペクトル (試料量2µg、測定30分)

【図1】 1-クロロナフタレンの1H NMRスペクトル(試料量2µg、測定30分)

試料量が数十µgあれば、2次元 NMR(1H-1H COSY、1H-13C HSQC等)も測定できます。微量分析NMRにより、µg オーダー微量成分の構造解析が可能となります。

適用分野 : 有機EL材料、ポリマー中の不純物、その他有機製品

材料キーワード : NMR 、微量分析

分析のご依頼・お問い合わせはこちら
お問い合わせ・お申し込み